「ほっ」と。キャンペーン

エースホーム岐阜北店による情報発信&お客様との交流の場。(といいつつ、愉快な?!スタッフの日常を大公開!)


by acehomeg
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

カテゴリ:お金のお話。( 2 )

あがったらイヤン。

またもヽ(´Д`ヽ)(/´Д`)/イヤァァァ~

大変です!!

ずっと、みんなが様子をみてきてたのに、とうとう!

上昇傾向が顕著にあらわれてきました!

Σ(゚Д゚)



そう!!金利が上がったのです!!

某銀行さんでは0.25%も~!!


ガ━━(゚Д゚;)━━━ン!!


なんで中村がここまで騒いでいるのか?



 
 例えば、某銀行さんの某プラン。

 先週まで10年固定の金利が2.35%でした。

 これがなんと、今週から2.60%に!!

 その差なんと0.25%!

 


え?

そんな変わらないんじゃないかって?


。(>_<;=;>_<)。


変わります!!

ここが運命の別れ道なのですヽ(ヽ>ω<)ヒイィィィ!!

 
 先ほどの金利を、実際にリアルな数字を入れてみましょう☆


 まず、借入額は2500万円とします。

 これを35年ローンで、最初の10年の金利を2.35%で借りた場合。(ボーナ
ス併用無し)

 月々の支払いは87,376円になります。

 同じ条件で金利が2.60%の場合。

 月々の支払いは90,719円になります。

 差額は3,343円



月々、この差があるからと言って、支払えなくなる、と言うことは少ない金額かもしれません。

しかし、この差額、年間にしてみたら40,116円。

固定された10年で見ても401,160円の差になります!!


マ(。Д゚; 三 ;゚Д゚)ジ!?


もっと言えば、もし、この金利差で35年だったら…。

なんと!1,404,060円の差額に!!


昨年、日銀の0金利解除を受けて、すぐ金利が上がり始めるのかと思っていたのに、意外に長期固定が下がったりと、みんなが様子を見ていた金利。

しかし、以前は2~3ヶ月で金利変更があったのが、最近では月1くらいでの見直しになってきています。

この後、どう動いていくかはわかりませんがタイミングを見極めるのが大切です。


エースホーム岐阜北店でも、いくつかの金融機関さんから、お客様に合ったプランをご提案することも出来ますので、いつでもご相談くださいね!!



フゥー(`・ω・´) ー3

一気に話をしてきましたし、ちょっと内容が偏ってしまったかもしれませんが、これからは金利の動向も、ちゃんとチェックしなくてはいけません!

目の前のお金だけじゃなく、長い目で見ての総返済額で、どうしたら良いお家が建てれるかもポイントになってきます。

↑長くなってきたので、この辺はまたそのうち☆

何か気になることや、ご不明な点があれば、いつでもご連絡くださいね(≧∇≦)b

そいでは、今日も建て方なので、お弁当届けにいってきまーす!ε≡≡ヘ( ´∀`)ノ












たまには中村も真面目なことを考えたりするんですよ( ̄w ̄)ぷ
[PR]
by acehomeg | 2007-07-19 10:12 | お金のお話。

住宅ローン①

お家を建てようと思ったときに、やはり一番重要になるのがお金の話。

現実問題として、いくら借りれるか、月々の返済は幾らくらいにするのか、自己資金はどこまで出せるのか。
しっかり把握しなくてはいけません。

なので、今回は住宅ローンについて、少し書いていきたいと思います。




一般的に「人生最大の買い物は住宅だ!」と言われますが、皆さんはどう思われているでしょうか?
確かに、全部キャッシュで払う人は「家」が一番の買い物になると思います。
でも、そんな人は滅多にいないですよね?
大半の人が住宅ローンを組まれると思います。

はい、そうです。
本当は家を購入するために借りる、ローンの金利が一番高いんです。
例えば金利2.2%で2000万借りた場合、総返済額は何と2400万近くになります。

だからこそ、住宅ローンの借り入れは上手にしないといけません。
じゃあ、どうやって借りたらいいの?!と思いますよね。

はい、まずは今回は、ローンを借りたときの流れを把握することから始めましょう。

住宅ローンの申し込みは、それぞれの金融機関の窓口で行うことができます。
基本的にどの融資を利用する場合であっても、申し込みから借入れまでの流れの基本は同じになっていますので、以下の流れを参考にしてみてください。


1、 住宅を購入する時に売買契約の終了後に、また新築やリフォームの時には建築請負契約
  が終了してから、各取り扱い窓口に必要書類を提出します。

2、 条件などに問題がなければ金融機関から「融資決定の通知」が届きます。

3、 住宅の引渡しスケジュールに合わせて「金銭消費賃貸契約(ローン契約)

4、 融資を実行します。

5、 翌月から返済が始まります。


この融資を受ける際には、印紙税、事務手数料、団体信用保険、火災保険、登録免許税などもかかってきますので、頭の隅に入れておいて下さいね。
また、いつ融資を実行するかで、今家賃を払われている方は2重返済をする期間がでてきたりするので、余裕を持った借り入れが必要です。

また、金利が似た数字でも、金融機関ごとに条件やプランが色々あるので、表向きの金利だけで決めるのは要注意です!
自身にあったプランを選べるよう、色んなプランを見比べましょう。

もちろん、私達もご相談にのりますよ!d(*ゝc_,・*)
わからない事はなんでも聞いてくださいね☆
[PR]
by acehomeg | 2007-02-11 15:28 | お金のお話。